AMSEA2017|日別聴講|A4-1,2|ワークショップ論|講師: 森玲奈(教育学、生涯学習論/帝京大学高等教育開発センター講師)

AMSEA|2017|A4-1,2|ワークショップ論
日時|
A4-1|2017年10月10日(火)19:00〜21:00
A4-2|2017年11月7日(火)19:00〜21:00
場所| 東京大学本郷キャンパス内

講師|森玲奈(教育学、生涯学習論/帝京大学学修・研究支援センター講師)
帝京大学学修・研究支援センター講師。博士(学際情報学)。学び 続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・ カフェイベント・プロジェクト型学習の研究を中心に、生涯学習に 関する研究と実践を続けている。2008年度日本教育工学会研究 奨励賞受賞、2010年度日本教育工学会論文賞受賞。主な著作に 『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、 ひつじ書房)、『ラーニングフルエイジング:超高齢社会における 学びの可能性』(共著、ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザ イン論—創ることで学ぶ—』(共著、慶應義塾大学出版会)などが ある。個人HP:http://harinezuminomor i.net/

概要|「ワークショップ」とは、「他者との相互作用の中で何かを作りな がら学ぶ学校外の参加型学習活動」であり、芸術・ 文化に関する領域でも多く実践されてきた。本講では、 ワークショップの根幹にある思想や歴史を踏まえて、その特徴を検 討し、自身で実践を企画・運営・評価できるようになるための知識 ・技術を身につけることを目標とする。

聴講-
本講義は両日参加できる方のみ聴講が可能です。
<2017年10月10日(火)19:00〜21:00、2017年11月7日(火)19:00〜21:00>
定員|10名・先着順
受講料| 無料
資格|18歳以上
※開催場所はメールにてお送りします。
聴講申し込みフォーム(先着10名)|https://goo.gl/forms/dZ5AOj13nK2lLyof2




平成30年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」
主催|東京大学
共催|社会の芸術フォーラム