AMSEA2017|日別聴講|A3-1,2|アートのための法理 講師:酒井麻千子(法学[著作権法]/東京大学大学院情報学環特任助教)

AMSEA|2017|A3-1,2|アートのための法理
日時| 2017年8月8日(火)18:00~21:00
場所| 東京大学本郷キャンパス内
講師|酒井麻千子(法学[著作権法]/東京大学大学院情報学環特任助教)
東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。東京大学大学院情報学環助教を経て、現在は東京大学大学院情報学環特任助教を務める。専門は著作権法。
概要:美術館・博物館での展示やカタログ制作等を行うにあたって、しばしば著作権法上の問題が生じることがある。本講義では、著作権法の基礎知識を習得するとともに、関連する裁判例の検討を通じて、アートと著作権との関係を理解することを目的とする。

-聴講-
定員|10名・先着順
受講料|無料
資格:18歳以上
※お申し込みいただくと、開催場所詳細が表示されます。
聴講申し込みフォーム(先着10名)|https://goo.gl/forms/Z0VWkwBRT08FGZ143



平成30年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」
主催|東京大学
共催|社会の芸術フォーラム