AMSEA2017|日別聴講|A1-5,6|キュレーション実践学「共同キュレーションの実践」講師:チェ・キョンファ(東京都現代美術館 学芸員)

AMSEA|2017|A1-5,6|キュレーション実践学「共同キュレーションの実践」
日時|2017年8月18日(金)18:00〜21:00
場所|東京大学本郷キャンパス内
講師|チェ・キョンファ(東京都現代美術館 学芸員)
1977年兵庫県生まれ。東京都現代美術館学芸員。2000年にロンドン大学ゴールドスミス・カレッジにて修士号(美術史・美術理論)を取得後、スウェーデンのマルメ・アート・アカデミーにてクリティカル・スタディーズ(Post MA)を修了。2013年までインディペンデント・キュレーターとして展覧会、イベント、出版プロジェクトを企画。これまでの主な展覧会に、「Almost There」(共同企画、ヴァルガス美術館、マニラ、2017年)、「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」(共同企画、東京都現代美術館、東京、2015年)、「他人の時間」(共同企画、東京都現代美術館、東京、2015年)、「Omnilogue: Journey to the West」(共同企画、ラリット・カラ・アカデミー、ニューデリー、2012年)、「Fog Dossier」(アートソンジェセンター、ソウル、2010年)、「The Demon of Comparisons」(共同企画、ステデリック・ミュージアム・ビューロー、アムステルダム、2009年)、「OK Video Festival」(共同企画、インドネシア国立美術館、ジャカルタ、2005年)など。現在、東京都現代美術館「MOTサテライト」の一環として、今年10月から東京藝術大学で行われる展覧会「ないようで、あるような」展を準備中。

概要|異なる地域や組織で活動するキュレーターやアーティストとの恊働によって立ち上げたこれまでの展覧会を取り上げながら、キュレトリアルな実践における意義や目的、方法について考える。

-聴講-
定員|10名・先着順
受講料| 無料
資格|18歳以上
※お申し込みいただくと、開催場所詳細が表示されます。
聴講申し込みフォーム(先着10名)|https://goo.gl/forms/fYHr8vnLK0uqierT2
主催|東京大学
平成30年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」
共催|社会の芸術フォーラム